« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

食前デザートダイエットは高成功率

理屈は、「食前の甘いお菓子で癒しホルモン『セロトニン』を分泌してストレスを低下させることで大幅ダイエットを達成する。」と言うことです。

現代人の肥満の多くは、ストレスからくる過食が原因だと言われています。
さらに、ダイエットの食事制限でイライラがつのり、その反動で過食に走る、いわゆる「リバウンド」もその一つでしょう。ダイエットに必要なのは、心の管理であると言われています。
心理的な満足があれば適度な食事で安定した生活ができ、過食に陥らないと言うことですね。
この発想から生まれたのが【食前デザートダイエット】なんです。

食べた後の体の反応
(1)ダイエットの天敵と思われている甘いお菓子を食前に食べます。
(2)甘いものを食べると血糖値が上がり、血液中にブドウ糖が増えます。
(3)このブドウ糖にはセロトニンというホルモンの原料を脳内に運び込む働きがあります。
(4)セロトニンは「癒しのホルモン」なので、心を安定させる。
(5)ストレスが緩和され過食を防ぎ、ダイエット効果がでる。

どんな食べ方?
◎食事の30分前にデザートを食べる。20~30分でブドウ糖が吸収され、セロトニンが出てくる。
◎食べるデザートの種類・・・甘ければ基本的に何でも可です。
◎食べる量・・・50~70Kcalが目安(饅頭(小1個)、ショートケーキ3分の1、シュークリーム3分の1、カップゼリー1個、クッキー2枚、グミキャンデー4個)
◎水分と一緒に摂る・・・満腹感をアップ。特に無糖の炭酸水、苦めのコーヒー、紅茶、緑茶

どのくらいで効果がでる?
◎まず、1週間続けてみましょう。たいていの人は1Kg体重が減ると思います。もし、効果がでなければ、夕食時の炭水化物(ごはん、麺類、パン、芋類)を減らしてみます。

この方法は、小野村医院院長 小野村健太郎先生が提唱された方法で、ご自身も
104Kgあった体重が1年半で82Kgに、
ウェストが112Cm→88Cm、
体脂肪が28.7%→18.8%
になられたそうです。

4月から、メタボ診断が始まります。あなたも、やってみてはどうですか?

<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エステに行かずセルライトを落とす脂肪融解

食事制限しても運動しても効果の出ないガンコなヤツといったら、他でもない“セルライト”ですよね。

太ももやヒップなどの表面に現れるボコボコで、肥大化した脂肪細胞にコラーゲンが固くからみついた脂肪の塊で女性特有のものですね。

冷えや運動不足による代謝不良が原因とされ、美容の敵であるうえに、健康にもよくありません。

そんな頑丈な脂肪のかたまりをガツンとやっつけるジェルの実力はやはり、ナマ半可ではありませんでした。30分でウエスト-4cm!1ヶ月使用なら、なんとあの落としにくい二の腕の脂肪を-5cmも減少した人が続出し、セルライトでは減少率-24%も実現したその効果は絶大!!そんな短期間でこの結果だから、使いすぎには充分な注意が必要かも…。

ナント、こちらのジェルは脂肪溶解注射ならぬ脂肪溶解ジェル。皮膚の温度を上げると同時に皮膚の毛穴から進入し、皮膚の下にある脂肪を溶解してくれる革命的なジェルなんです。溶け出した脂肪は血液と一緒に流して尿で排出するといったシステムで作られているので、まさに注射施術なみだと思います。

いろいろ種類があるけど、満足度が一番高いと評判の、トウガラシとグレープフルーツが入ったBPCホットマッサージジェルにしました。

トウガラシの辛味成分「カプサイシン」が体温を上昇させ、基礎代謝を良くし、脂肪の燃焼を促進させます。また、脂肪分解酵素リパーゼの働きが良くなりますので、脂肪が燃えやすい体を作り上げます。


温かさと使用感にこだわった痩身用マッサージジェルですので、温熱効果のみならずグレープフルーツエキスによるアロマの香りに包まれ、最大限の満足感が得られます。

ジェルでマッサージ後、ヴァンテージを巻き、サウナ等に入るとより効果的で、ホットマッサージジェルは超音波美容機の浸透ジェルとしても使えます。

本格的に除去するには、やっぱりエステが一番ですが、値段が・・・。

だから、家庭でできるセットがいいので使ってます。

<こちらもチェックです!!>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »