« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ダイエットは肥満遺伝子を調べて考えました

 親から受け継いだ自分の体質を知ることは、貴重な情報となります。
 また、病気の引き金を引く活性酸素による体内の老化をDNAレベルによって調べることで、現状の生活内容がどの程度自分の体にダメージを与えているかを知ることも可能となり、この2つの情報によって様々な病気予防のための対策を実践することができます。
 この検査には全部で10種類ありますが、特に下記の体内年齢検査と肥満体質検査は、女性にとって必ず受けておきたい検査です。

ダイエットを左右する「肥満遺伝子」があることは、数多くの研究機関(東京大学、京都大学、ケンブリッジ大学、北京大学、など)で実験がおこなわれ、肥満と遺伝子の関係性が確認されています。

肥満は、食習慣・運動習慣を含めた生活習慣と遺伝体質によって発生すると言われています。遺伝子型ダイエットは、27タイプの中から自分の遺伝子型を知り、適切なダイエット方法が実践可能となります。

遺伝子型ダイエットは普通の食事制限と違って、遺伝的体質から考えてあなたの場合、食べ物をどのように注意すればいいのかもわかります。今までダイエットに何度も失敗してきたような方におすすめなんです。

手軽で、安全に、しかも遺伝子分析ですので、一生に一回の検査で、自分の明確なダイエット法や健康管理の根拠が得られ、結果レポートはダイエットの目安としてずっと使えます。


<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (4)

下半身デブとは、腰まわり、お尻まわり、太もも、ふくらはぎに脂肪やぜい肉のついた体型の人を指します。



下半身デブで悩んでいる女性は実はとても多いのです。というのも、女性はもともと下半身に脂肪を溜めやすい性質があるからです。
下半身というのは、心臓から最も遠い位置にあります。そのため、リンパ液や血液の流れが悪くなりやすいのが下半身なのです。

そしてこれが下半身デブの原因に繋がるのです。リンパや血液が流れなくなると、水分や老廃物が下半身に溜まり、むくみを引き起こしたり、セルライトを形成したりします。
下半身デブ体型の人は血行のよくない人なのです。

また、女性は下半身を冷やすなと言いますが、これも下半身にとってとても重要なことなのです。下半身を冷やすとやはり、血流が悪くなり、むくみ、セルライトそして下半身デブへと繋がっていくのです。

夏だからといって、冷房の効いた部屋にいたり、冷たい飲み物などを大量に飲んだりすると、身体が冷えて下半身デブにつながるのです。

また、下半身の血流の悪さは下半身デブになるだけでなく、生理痛や便秘症にも繋がります。下半身の血流はそれだけ大事なのです。

スッキリ脚になりたい人へのオススメ講座です。
下半身ダイエットの決定版!
現役エステティシャンの贈るわずか10日間で-6cmを実現させた

完全「下半身ダイエット」マニュアル。

<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピリチュアルなダイエット健康セミナー

明日からすぐ活用できるちょっぴりスピリチュアルな心と体の健康セミナー

あのカリスマ鍼灸整体師、「なんと鍼灸治療院、院長、南都嘉宏」がついに整体秘伝と自然治癒力について明かした!「明日からすぐ活用できるちょっぴりスピリチュアルな心と体の健康セミナー」人間が本来持っている自ら治ろうとする力、つまり、自然治癒力とは何か、そして「体の癒し」と「心の癒し」の二部構成により、わかりやすく著者が解説します。

整体秘伝と治療裏の不思議な話も併録され、画像で紹介されている。「書くことによる心のセラピー」「行動による心のセラピー」など、心を癒したい方は特に必見!株式会社KDLテクノロジー、プロデュース商品です。

<提携サイト>

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!

基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!

健康なダイエットでナイト

正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (33) | トラックバック (0)

ババシャツでもこんなに可愛い!!

本当、寒くなってきましたね!!
それにしても、今年の冬は特に寒いっていうのに、最近の人は薄着ですよね~。

若いからって、寒いのに薄着して身体を冷やしてしまうと太るらしいです!
寒い時こそ常に身体を温めなくては痩せる事は出来ないのです!
本当に大事なんですよ!そこで!!!
今回のおススメ商品は今まさに私が毎日愛用している「ババシャツ」! ダサイですか?


胸元や肩があいてる服や身体にフィットした服の下にだって着れますよ☆しかもナント!着るだけでダイエットできるらしいんです!!


【こだわり1】
お腹・二の腕・背中を直撃!? 痩身ボディー形状記憶!?
伸縮性抜群で身体にピタッとフィット!? 秘密は

【GAM3構造燃焼】
 《G》ゲルマニウム  《A》銀  《M》マイナスイオン

睡眠中!仕事中!着れば着るほど24時間メラメラ!?


【こだわり2】
高機能デザイン
胸元や背中が開いた服でも余裕で着れる★
生地が薄いから重ね着バッチリ♪
身体にフィット☆
ダカラ着るだけでスタイル抜群になれるカモ!?

【こだわり3】
なめらか着心地、表面ツルツル♪裏は起毛で暖か♪
冬の肩こりや生理痛対策もバッチリかも!!?
冷えやすい下腹部や腰にも使えるよ~。

使い方色々!!
●パジャマとして  ●運動しながら
●モチロン普段着 ●あえて見せてもOK!


<これは見逃せませんよ>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし
ゲルマ美尻ウォーク、人気の秘密は驚きのスタイルアップ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

まず、体脂肪を落とすこと!ダイエット基礎_No1

たまには、基本に還りましょう!!

多くの方はダイエットを「体重を減らすこと」と考えがちです。しかしながら、医学的な観点でのダイエットとは、体から脂肪を落として体重を減らすことです。体から水分と筋肉が落ちても体重は減りますが、この2つによって体重が減っても、それは「ダイエット」とは言えません。

筋肉
直感的に「筋肉を落としてダイエットする」というのは不健全な感じがしませんか?その通り、ダイエットして筋肉まで落としてしまうのは百害あって一利なしです。ダイエット中に筋肉が落ちると、カロリーが消費されにくく痩せにくい体質になります。もう少し難しい言葉で表現すると、人間が生命を維持していくのに最低限必要なエネルギーである「基礎代謝」が低下してしまい、脂肪燃焼が悪くなるため、脂肪がつきやすい体質になるのです。したがって、ダイエット中には筋肉を落とさないために食事制限をしながら筋肉トレーニングをすることが望ましいとされます。

水分
運動して大量の汗をかいた後、一時的に体重が減ったことがないでしょうか?これは、汗により一時的に水分が体外に放出された結果です。サウナに入ったりエステで発汗したりすると、確かに体重は落ちますが、これも一時的な「脱水状態」です。水分が体外に放出されると人間は本能的に水を欲しますので、普通は数日たつと体重は元に戻ります。

脂肪
既に述べた通り、皆さんが医学的に正しいダイエットをするためには、体についた余分な体脂肪を落とす必要があります。体脂肪率でいうと、男性で25%以上、女性で30%以上が肥満に該当します。 1kgの体脂肪を落とすには約7,000kcalのカロリーを消費する必要があるので、3kgやせようとすると約21,000kcalのカロリーを消費する必要があります。これはどれくらいのカロリーなのでしょうか?

ビックセット(ポテトM、コーラM) 約1,100kcal×20食=22,000kcal
フルマラソン2時間半で完走 約2,400kcal× 9回=21,600kcal

といった感じです。かなり大変そうですね。

以上まとめると、体重を減らす要素には水分、筋肉、脂肪の3つがありますが、医学的に正しいダイエットを実現するには脂肪を落とす必要があります。水分は運動などで一時的に体外に放出されますが、数日後には元に戻ります。ダイエット中に筋肉が落ちると痩せにくい体質になってしまいます。


<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし
血流を改善!下半身を引き締めて健康ダイエット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール酵母ダイエットの効果が高い理由

微生物は古くから、発酵・醸造に応用されてきました。
 そして、19世紀にフランスの微生物学者パスツールによって、微生物の本体が解明された後、私達の生活に欠かせない食品などの有用物質が微生物工学の発達により作られるようになったのはみんな知ってますね。
 その間、微生物の持つ性能を、人間の目的に合うように自由自在に改変し利用する学問分野が誕生し、世界中の注目を集めています。


 東京農業大学教授で、日本の微生物研究の第一人者でもある柳田博士は、ある酵母菌が油分を食べてしまう事を発見!、さらにこの酵母を研究し、人間の食べた糖分や脂肪分に対応できるよう開発されたのが、世界初の【柳田酵母】です。
 最新鋭のバイオ研究から生まれた【柳田酵母】は、辛い・危ないダイエットの常識をくつがえし、食べるだけでストレスなく、スリム体型を目指し、最も健康な状態へと導いてくれる、まったく新しい酵母です。

 ビール酵母ダイエットで失敗してしまった方!その原因の1つに、酵母の種類が1種類だけだったということが考えられます。
 人間がいろんな食べ物(糖分や脂肪分など)を食べて生きているように、酵母もお腹の中で、私達の食べた糖分や脂肪分を食べて生きています。
 しかし、酵母は食べ物の好き嫌いがあり、1種類の酵母が、糖分や脂肪分などを全て食べてくれるわけではありません。

 そこで、柳田博士は、60種類もの酵母菌を集めてほとんど全て食べてくれる【柳田酵母】を作りあげたそうなんです。
 だから、甘いものや、油っこい物を止めなくても、【柳田酵母】がペロリと食べてくれるから、食事制限のない楽々ダイエットが実現できるのです。

 腸内には、善玉菌(ビフィズス菌など)と、悪玉菌(大腸菌など)がいて、善玉菌が減り、悪玉菌が増えると便秘や病気になりやすくなると言われています。善玉菌56種とその善玉菌を増やす為のエサ(オリゴ糖)、そして食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内をキレイに掃除して、善玉菌の住みやすい環境を作り、老廃物の溜まらないキレイなお腹を目指します。


***こちらもチェック***
女性に人気!!植物性乳酸菌のチカラ

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹スッキリ!植物性乳酸菌のチカラ

私たちのおなかのなかには腸内環境を整える善玉菌と悪玉菌が住みつき、勢力争いをしています。しかし、偏った食生活やストレス、加齢などによって善玉菌が減少し、便秘や肌あれ、そして生活習慣病の原因にもなる悪玉菌が増加するため、善玉菌優勢の腸内環境をつくることが大切なのです。

*善玉菌:腸内を酸性にし、免疫力を高めている腸内細菌。

*悪玉菌:腸内をアルカリ性にし、有害物質をつくりだす腸内細菌。

 「乳酸菌」というとヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料などに含まれる「動物性乳酸菌」を思い浮かべがちですが、数ある乳酸菌のなかで、私たちが注目したのは「植物性乳酸菌」です。

「植物性乳酸菌」は漬物や味噌、醤油などに含まれる酸に強い乳酸菌です。

ですから、私たちの体内でも胃酸や胆汁酸の影響を受けにくいので、腸内環境を守るのにぴったりなのです。

日本人はヨーグルトなどの動物性乳酸菌と接した歴史より、漬物などの植物性発酵食品との歴史のほうが、はるかに長い。

欧米人に比べ日本人の腸は長く、植物性の食物に適している。

日本人の腸は、酪農品に不向き。乳糖を分解する腸内酵素が足りないため、下痢をする人が多く、とりわけ 中高年以上の人にその傾向が顕著。

だから、植物性乳酸菌を摂って、お腹の中から健康に!

このサイトも必見!!

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »