« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

シソの効用でダイエットとデトックス

飲みながら30日でなんと!

●体重 82.9kg → 77.8kg   マイナス 5.1kg!

●ウエスト 104.5cm → 89cm   マイナス 15.5cm!

●体脂肪率 27%  →  25.9%     マイナス 1.1%!

という、驚くべき結果に。 ダイエットを成功させることになった秘密のアイテムというのが シソ酢 だったんです!

しそ酢エキス(濃縮)

食べながら痩せる!TVでその驚きのダイエットパワーが紹介された シソ酢 シソ酢とは、赤じそ、青じそをお酢につけたもの。 シソにはロズマリン酸が多く含まれ脂肪を体内に吸収させない力を持っているのです。 このしそ酢を、毎日朝晩50ml程度飲み、空き時間に簡単なエクササイズしただけで、驚きの結果が出たのです! 皆さんも、この「シソ酢」のパワーを是非お試しください!   食べながら痩せた! え、1日4500cal食べても・・?   知っていましたか?シソの驚きのパワー シソは非常に栄養価が高く、特にカロチンの多さは全野菜中でもトップクラスです。 豊富なα―リノレン酸が利尿や発汗・解毒に役立ち、 カルシウムや鉄などのミネラル、ビタミンB1・B2・C・Eを豊富に含みます。 ストレス解消、抗菌・防腐作用などがあり、貧血も改善させます。       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  そして何といってもシソに含まれるこの成分! ロ ズ マ リ ン 酸 体の中に入った麦芽糖がブドウ糖に変わるのを抑制するはたらきを持つことが、近年の研究で明らかになっています。 「シソ」 はその 『ロズマリン酸』 を豊富に含み、さらに、 ●炭水化物 ●脂肪 の吸収を抑制して 脂肪の燃焼スピードをアップさせます!

シソパワー。TVで放送されたアレ!『三田のめぐみ』【しそ酢エキス(濃縮)】[6本入り] -------------------------------------------   

★シソが持つ ダイエットパワーとは!?

-------------------------------------------

~~ 赤ジソ ~~ ロズマリン酸を豊富に含み、αリノレン酸も含むのが赤ジソ ダイエットに有効なのがロズマリン酸。 体内に取込まれた麦芽糖がブドウ糖に変化するのを抑える働きを持つことが研究の結果明らかになってきました。 過剰な糖分の吸収を抑え、その結果中性脂肪の上昇が抑えられてダイエット効果が期待できます!

-------------------------------------------    

★シソは美容にも効果的!

-------------------------------------------

~~ 青ジソ ~~ 青ジソは豊富にβカロテンを含んでいます。 βカロテンは体の中でビタミンAに変わり、 お肌を健やかに保つ働きをします。 納豆再び

<提携サイト>

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!

基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!

健康なダイエットでナイト

正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

脂肪細胞を破壊するディゾルブダイエットの威力

 ディゾルブに含まれている新成分は痩身美容学会注目の貴重成分【FCD溶液】です。
 これは美容医学最先端のアメリカで発表された、今までのダイエットとは根本から違う革新的な成分です。

 フォスファチジルコリン・L‐カルチニン・カフェインを主原料としたもので、脂肪に働きかけるのではなく、 脂肪を貯めている脂肪細胞を破壊して脂肪と一緒に細胞自体をなくしていきます。


 脂肪細胞が壊された脂肪は行き場がなくなり、血中に放出され肝臓で処理されて尿や便として排出されてしまいます。脂肪細胞がなくなった後は、死亡の保管場所がないので必要量以外の脂肪は体に残ることが出来ず残らず排出されてしまうのです。

ということは・・・リバウンドないってこと?
この革新的な成分を使って日本でも発売が出来るようにと製薬会社が日本人向けに開発したダイエットサプリです。


フォスファチジルコリンとは
 フォスファチジルコリンとは油を超微少の粒に砕いて、水に溶け込む形にしてくれる天然の乳化剤です。米国L.ポーリング研究所のJ.ブランド博士は「フォスファチジルコリンを30%以上含んだレシチンは末梢神経系のアセチルコリンのレベルを高める事が確かめられており、各種疾患を改善してくれる」と述べています。
大豆から抽出した天然のもので、フォスファチジルコリンの含有率が30%以上の製品でないと、その効果は期待できません。

『L-カルチニン』とは
 栄養素や体脂肪を燃焼させるための重要なパイプラインです。
「L-カルチニン」はアミノ酸の一種で、様々な栄養素や体脂肪をエネルギー源として燃やす為に細胞内のミトコンドリアへ運ぶ働きを持っています。

カフェイン
 カフェインは、利尿作用で有名ですね。分解した脂肪を尿として体外排出を促進します。

<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (1)

真剣に笑って痩せる

人は楽しかったり嬉しかったりすると笑いますが、笑うと血糖値が下がります。反対に暗く沈んで笑わないうつ状態では血糖値が上昇します。

ダイエットは食事を思ったように摂れないわけですから、憂鬱な気持ちになりがちです。これは血糖値を上げ、余剰の糖は脂肪として蓄積されます。肥満にはあまり良くない状態になるというわけです。

この分野の専門家である大阪大学医学部精神科、非常勤講師の角辻豊先生の著書「わらいのちから」によると、

--------------------------
笑ったあとには免疫力が高まるが「うつ」になると免疫力も弱まる。
笑いは自律神経に良い影響を与え、血糖値も下降する。
できるだけ楽しいことを連想してニッコリ笑うことが良い。
プラス思考と笑顔はリハビリ等の効果を上げる。
--------------------------

いかがですか? なんだかダイエットにも応用できそうなお話です。担当医師は講演も拝聴しましたし、実は先生に何年か前にお会いした事があります。笑いが絶えず、ご一緒しているだけで私も幸せな気持ちになりました。

これは、なかなか!!「大笑いインソール」


<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「継続力」を意志の強さに関係なく脳力で脂肪燃焼!

3つの代表的なダイエットを考えてみてください。 3つとは、すなわちカロリーコントロール系(食事調節)、運動系、サプリメント摂取系です。

●カロリーコントロールした場合

摂取エネルギーが消費エネルギーよりも小さい状態のうちは、体重が減って行きます。目標体重に到達し、ダイエットをやめた瞬間から体重は元に戻り始めます。 なぜなら、摂取エネルギーが小さくなっていたことで、ダイエット前の体よりも普段の消費エネルギー(基礎代謝)が減ってしまっていることがほとんどだからです。

●運動してダイエットをした場合

運動をすることで、消費エネルギーをアップさせます。さらに筋肉を鍛えることで基礎代謝がアップします。しかし、運動をし続けないと筋力は維持できないので、基礎代謝量も維持できません。しばらくすると徐々に体重はダイエット前の状態に戻って行きます。

●サプリメント摂取系

言わずもがな、サプリメントを摂る行為をやめた瞬間から、ダイエット前の体に戻って行きます。 どのダイエットもやせることはできますが、成功したと思って、そこでダイエットを終了してしまうと、元に戻ってしまうのは、周知の事実です。ですから、ダイエットに成功したという言葉は存在しません。

ダイエットは目標に達し、自分が納得するまで維持し続けてこそ成功といえるのではないでしょうか。あなたを含め、ほとんどの人は、「一生、素敵な体型でいたい。」と思っているはずです。つまり、ダイエットが成功したという言葉は、生涯を終えるとき、初めて口にできる言葉です。あなたは多分、このことに気づいていたと思います。

でも私は、本当にこの真実を忘れていたので、これまで何度もダイエットに失敗してきました。「一度痩せたらもう太らない」と勘違いし、必ずリバウンドしていたのです。 

私がやっていたのは『一時的にやせた体になるためのダイエット』でした。 こんな経験を何度も味わったことで、どんな医師も口をそろえて言う「ダイエットは適度な運動と適切な食事」の本当の意味を知りました。

”適度な運動と適切な食事を続けなければ、理想の体は保てない。”これが本当の真理です。ダイエットは続けなければ意味がないものなのです。このプログラムは、この事実を出発点として考え出されたプログラムです。

<参考サイト>

基礎代謝をアップしてエイジングコントロールと美容を!

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!

健康なダイエットでナイト

| | コメント (0) | トラックバック (3)

女性必見!生理後の10日間がヤセ時なんです

 「神農」(私にとっては中国のダイエット神様です)と呼ばれる伝説の人物が、民に農耕を教え、薬物の知識を与えた事が始まりだと言われ、その伝説の人物「神農」は自身で薬草を調べ上げ「神農本草経」という世界最古の薬学書を完成させました。そしてこの書は、今日においても各方面で貴重な役割を担っております。

 
 生薬は、働きにより「上品」「中品」「下品」に分類され、その中から『軽身成分』と言われるダイエット成分を発見!!
『軽身成分』とは、
(1)消化機能の向上
(2)基礎代謝の向上
(3)新陳代謝の向上
 まさに理想のダイエットの働きですね。
 365種類もの中から選び抜かれた3種類の軽身和漢がこの3種!
その1=大豆黄巻(だいずおうかん)『緑豆もやし。健胃、利尿、整腸として昔から生薬として用いられております。』
その2=黒大豆『血活、発汗
その3=山査子『血浄、健胃、消化』

 さらに相乗効果をもたらす、ウコン末『利尿、美肌』。青紫蘇末『老化防止、むくみ』。高麗人参末『代謝アップ』も配合されています。

 効果的な摂取方法は、生理日後。それはホルモンバランスと関係しており、その時期はずばり、生理後の10日!


 季節の変わり目のラストチャンス。今摂取するのが、勝負の別れ道。ダイエット月の始まりです!!


<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (2)

楽して続けたい人には、つばき茶の効果を飲みましょう

 ケニアの高地の指定農場で無農薬栽培されているアフリカつばき茶を使用。緑茶と同じツバキ科の植物で、有用成分テアフラビン(スーパーカテキン)が緑茶の120倍、ポリフェノールは赤ワインの770倍も含まれています。

 アフリカ東部、ケニアの聖なる大地と言われるほんの一部の地域にだけ生息する伝説的な野草(アフリカつばき)茶。 え?こんなダイエット茶見たことない!!

 英国王室や一部の貴族の間でしか飲まれることのなかった『幻のお茶』です。 つばき茶には抗酸化物質のカテキンガ発酵して合成されるポリフェノールの一種「テアフラビン」という成分の含有量が多く、「テアフラビン」はカテキンの10倍以上の体中の糖分吸収・生産を抑える力があり、「テアフラビン」の含有量を他のお茶と比較すると緑茶の150倍、ウーロン茶の30倍もあります。 健康や美容を脅かす活性酸素。

 老化やガンなどの原因となり皮膚で起きればシミやシワ等の原因にもなります。この活性酸素を除去するにはどうしたらいいでしょうか・・・。人間の体の中には活性酸素を消去する抗酸化機構が備わっていて実年齢より若々しく元気のある人はその働きが強いと言われています。

 食品の中にもそのような働き(抗酸化作用)をする成分が含まれており、ポリフェノール類やビタミン・ミネラル類でこれらの含有量が多いと抗酸化力が強くSOD様単位の高い優れた抗酸化食品といえます。 つばき茶に含まれる「テアフラビン」は正に抗酸化作用の代表格ポリフェノールであり他の追随を許さない高いSOD様単位(活性酸素消去作用)を持っています。

杜仲葉で体臭の原因「内臓脂肪」が減らせる

<提携サイト>

そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!

基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!

健康なダイエットでナイト

正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボリック対策は【メタボ茶】を飲むだけ!!

 お腹でっぷりのお父さんのために買ったのに、自分のお腹もペッタンコ、という「メタボ茶」の原料は、静岡県産の山桑の葉
 有用成分デオキシノジリマイシンなどを含み、さまざまな研究機関で注目されている成分です。桑葉に存在する血糖値改善物質として知られる1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は新芽に最も多く含まれます。特に新芽たくさんのDNJが含まれているんです。
 デオキシノジリマイシン(DNJ)はブドウ糖の類似化合物で、消化管において糖質の分解酵素であるグルコシダーゼの競争的阻害剤として働き、食事後の血糖値の上昇を抑制します。このDNJは桑葉に特徴的に含まれ、桑葉の新たな需要を喚起する機能性成分として注目されているそうです(「血糖値改善効果を有する桑葉製品開発」:木村俊之、仲川清隆(東北大)、齋藤裕子(福島県ハイテクプラザ)、野木照修(福島農試)、山岸賢治、鈴木雅博、宮澤陽夫(東北大)の研究から)。

 もう一つの原料は小豆島産オリーブの葉。ヨーロッパでは、糖尿病改善薬の主成分として使われてきた実績を誇る成分なんです。
 オリーブについては古代パピルスにも記されていて、ヨーロッパでは古くから健康維持のために利用されてきました。今でも健康食としてオリーブ油などのように料理に幅広く活用されているオリーブですが、最近では、このオリーブから取れるオリーブ葉エキスが、世界各地から最も注目されています。
 このオリーブ葉エキスにはポリフェノールという成分が含まれていて、血圧・血糖値やコレステロール値を下げる働きや利尿の働きがあり、免疫力の向上・感染症や生活習慣病の予防などに優れています
 また、ポリフェノールの中でも、苦味成分であるオレウロペインという成分がオリーブの葉には多く含まれていて、この成分は、美容健康に最も必要なビタミンCや茶カテキンよりも抗酸化効果能力が高いといわれています。

 この2つがタッグを組めば、新たなゼイ肉が入り込む余地はなし!外からアブラが入ってこないため、すでについているプヨプヨがエネルギー源として活動開始!ぽっちゃりさんは体重がある分、体を動かす時に多くのエネルギーが必要となり、いち早いスリム化も……。




<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »